ツヴィーゼル・クリスタルグラス社製品正規販売店 【リッチグラス】


サヨリ天ぷら、サヨリの簡単さばき方

070326_0846~01.jpg

アジ(ゼンゴ)同様、ちょっと釣りに行ってくる。
と気軽に釣れるお魚。
早春の魚ですが、秋頃から釣れます。
細いものは、篭盛りされるくらい安価です。

天ぷらにすると美味しいですね。
細いので、開くのが面倒、イワシのように
手では開きにくいですし。

■サヨリ簡単開き方
08111519.DVC00051.JPG08111519.DVC00052.JPG

腹に二つヒレがあります。
先に取っておくと後々、都合が良いです。
(取らなくても問題はありませんが、刺身の時には有効です)

08111519.DVC00053.JPG08111520.DVC00059.JPG

頭を取り、腹をきれいに出します。
たくさん作るときは、写真のように
頭を右にして落とすと、後の作業が
流れるようにスムーズにいきます。
右の写真のように尻尾まで切り目を入れておきます。

08111520.DVC00060.JPG08111520.DVC00061.JPG


サヨリの背をまな板に付けて
切り目を入れた所から、開くように
包丁の峰で頭の方へ押し付けるように
なでておきます。
少し開いたら、包丁で叩くようにします。

08111520.DVC00062.JPG08111520.DVC00063.JPG

平たくするように全体を叩き、
骨が浮いてくるようにします。
(あまり強く叩いて、身を潰さないように加減しながら)

08111520.DVC00064.JPG08111520.DVC00065.JPG

左写真のように、尻尾に近いところから
骨を掬い上げ、頭に向かって包丁を移動。
包丁の刃を少し上向き加減で頭までもってゆきます。

08111520.DVC00066.JPG08111520.DVC00067.JPG

骨を尻尾の所で切れば、出来上がりです。

08111520.DVC00068.JPG


尾びれは残したままにします。

尾びれを切り落として、
中にアスパラや葱、オクラなどを芯にして巻き
天ぷらにすると、また違った味わいです。
シソを巻き込んでもいいですね。

詳細画像⇒  サヨリ天ぷら2種
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。