ツヴィーゼル・クリスタルグラス社製品正規販売店 【リッチグラス】


エソの天ぷら:エソレシピ

エソの天ぷらです。
愛媛県では、エソのすり身で作った
練り製品(さつま揚げのような)を
「てんぷら」と呼ぶますが、ここでは、
本物の「エソの天ぷら」です。

大きなものは、50センチになるものもありますが、
小骨が多くて、抜くか骨切りするかしないと
使えません。

ですが、小さなエソなら小骨が気になりません。
画像 333.jpg

これくらいの大きさなら大丈夫。

参照⇒ さばき方

画像 334.jpg

さばいたら、キスやハゼなどと同じように
開きます。
上の写真のように、背をまな板に付けて
包丁でたたくようにすると簡単に開けます。
中骨を包丁ですくい取るように
外します。
もしくは、三枚におろします。
一番上の写真に見えますが、背ビレは
取っておきましょう。

それでも、心配なら、皮を下にして、
包丁の刃で皮を切らない程度にたたきます。

後は粉を付けて、衣で揚げます。
皮の付いた魚は、皮を下にして
油に入れます。
エソは、見た目は良くないですが、
とっても美味しい魚です。
天ぷらには、最適ですよ。

それに、これくらいの大きさのものなら、
とっても安い!!
お試しください。
タグ:エソ えそ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。