ツヴィーゼル・クリスタルグラス社製品正規販売店 【リッチグラス】


キス天、小魚天、小骨をなくす

キスやトラハゼ、メゴチ、サヨリなどなど
開いて天ぷらにしますね。
フライなら気にならない小さな骨も、天ぷらだと
口に障ることもあります。

腹の骨や背ビレや尻ビレと連動している骨です。
キス1-1.JPG

赤い部分です。

これを開くと
キス開き.JPG

赤い部分はここになります。
これが、けっこう硬い部分です。
気にならないと言えば、それまでですが、最後に
口に残ったりします。

腹開きだと、腹の骨をすくのは、簡単ですが、背ビレが中央になり
背ビレとの連結部分が長く残ることになります。

背開きなら、背ビレはなくなりますが、尻ビレの連結部分が残り、
なおかつ腹骨をすきにくくなります。

ならば、いっそのこと
キス開き1.JPG

黄色の部分を切って、松葉の形にしてしまいましょう。

おろすときに
07030620.DSCF1763-1.jpg
(トラハゼ:トラギス)
こんな風にして、中骨を切り取ればいいでしょう。

油に入れるときに、松葉になった身を上手にそろえて揚げれば
問題なくきれいに揚がり、骨にも気をつけなくてもよくなります。
ふわっとした天ぷらをお楽しみください。
タグ:キス天
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。