ツヴィーゼル・クリスタルグラス社製品正規販売店 【リッチグラス】


菜の花の天ぷら:天ぷらレシピ

画像 2476.jpg


今では、12月頃から出回る「菜の花」
新春といいますから、春を告げる野菜として
おせちにも使えるようにと栽培しているのでしょうね。

さて、天ぷらに菜の花が入ると、一気に春の天ぷらになります。

菜の花は、生のまま揚げます。
通常は、蕾の時に収穫して販売されていますが、
やはり、ちょっと花が咲いているほうが華やかで
綺麗です。
水に挿しておけば、温かい部屋なら半日くらいで
花咲きます。

良く洗って水分を切り、片面に小麦粉をまぶします。
まぶした面に衣を付けて油に入れます。
もちろん衣の面を下にして油に入れます。(下:鍋底向けて)

ひっくり返さないほうが綺麗に揚がります。
花の色が飛んでしまいます。
そのままの状態で揚げたものとひっくり返したものを
比較してください。
画像 2477.jpg

左の花穂が、ひっくり返した菜の花天ぷら。
右の花穂が、衣を付けた方だけ揚げた菜の花天ぷら。

油の温度は、165℃くらいにして、
ゆっくりと揚げます。
じわじわ温度を上げて、揚げ上がりの頃に170℃。
油をしっかり切って盛り付けましょう。

葉物や山菜の天ぷらは、油っこくなりがちです。
一度クッキングペーパーの上に置いて
油を吸わせるとあっさり食べられます。
タグ:菜の花
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。