ツヴィーゼル・クリスタルグラス社製品正規販売店 【リッチグラス】


シメジの白身魚巻き天ぷら

松茸・シメジ・えのき茸などなど秋の茸を
白身魚で巻いて天ぷらにします。

白身きのこ天100922−4.jpg

白身きのこ天100922−3.jpg
奥にあるのは、白身のシソ巻き天ぷら。

魚と野菜などを合わせて天ぷらにするときは、
クセの少ない魚、白身が最適だと思います。

青魚や赤身の魚も天ぷらにしなくは無いですが、
特有の匂(香り)が合わせるものの風味を損ねてしまいそうです。


白身は薄い切り身や三枚におろして薄いものを使います。
鯛などの大きな身のときは削ぎ切りにして使いましょう。
そのなかに茸(何でも良い)を書き込んで楊枝などで留めます。
白身きのこ天100922−1.jpg


これに小麦粉をまぶし付けて、衣を付けて揚げます。
全体に付けてもかまいませんが、片面だけ付けて揚げると
姿も綺麗に仕上がります。
白身きのこ天100922−2.jpg


全体に衣付けると茸の姿は見えにくくなりますが、
風味を衣の中に閉じ込めることになり、
口にしたときに、風味が広がります。

片面だけの場合は、姿は綺麗ですが、風味が少し逃げてしまいます。

どちらを選ぶかは、お好みで!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。