ツヴィーゼル・クリスタルグラス社製品正規販売店 【リッチグラス】


大原木揚げ、その2:エビ

画像 3723.jpg


日本人の大好きな、そして天ぷらでは
最も多く食べられているエビの大原木(おはらぎ)揚げ。

エビは皮を剥いて、今回は尻尾も取りました。
丸まらないように、スジ切りをします。
スジ切りは、通常のエビの天ぷらの時と同様です。
エビスジ切り.JPG

こんなにたくさん包丁を入れなくてもいいですが、
3〜5くらい入れて、大事なことは、中心部のスジを切って、
熱が入ったときに折り曲がらないようにすることです。

お弁当用なら、塩をして、エビ自体に味をつけておきます。

天つゆで食べるときは、何も味付けはしません。

大原木にする野菜は、カボチャ、ジャガイモ、ニンジン、三つ葉、
きのこ、ゴボウなどなど
エビの長さと同じ千切りにします。

海苔の帯の上に大原木を敷き、その上にエビを乗せて
巻きます。
画像 3718.jpg

これに粉を付け
画像 3719.jpg

衣を付けて、揚げます。
画像 3721.jpg



薄衣で揚げると、野菜が透けて見えるので綺麗です。
また、一番上の写真のように斜めに切るとより色が鮮やかです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。