ツヴィーゼル・クリスタルグラス社製品正規販売店 【リッチグラス】


スイートコーンのかき揚げレシピ

とうもろこしも改良されて、甘くソフトなものが多いですね。
いわゆるスイートコーンです。
甘い果物よりもなお甘い糖度の高いコーンや、生でも食べられるものも
あります。

スイートコーンをかき揚げにしましょう。
粒々にしてから天ぷらにします。
画像 5511.jpg

スイートコーンを4〜5にぶつ切りして、写真のように
桂剥きするように粒を切り落とします。
芯からもぎ取るようにしてもかまいません。
画像 5512.jpg
この赤い部分に硬いところがあり、食べたときに
口の中に最後まで繊維が残ります。

なので、桂剥き風に取るのが望ましい。

※かき揚げにするときは、ネタのほうに小麦粉を振ってから衣を絡ませますが、
 コーンは、絡みにくいので、衣を混ぜただけでもかまいません。

画像 5521.jpg

衣の硬さは、通常(左サイドのレシピ天ぷら衣参照)
あるいは、ちょっとサラサラ目くらいでよいでしょう。
サラサラ衣だと、まとまりが悪くなると思われるでしょうが、
油に入れたときに(油の温度によりますが)ばらけるくらいが良い。

鍋肌からスプーンなどで、そっと入れます。
浮き上がるか浮き上がらないくらいのときに、最初に入れたかたまりに
沿うように追加します。(くっつけます)
画像 5522.jpg

画像 5525.jpg

画像 5523.jpg

団子のように固まってしまうよりも、空洞・隙間が出来て
少し大袈裟な言い方をすれば、網目のようにかろうじて付いている。
くらいの構造をしているほうが、カラッとサクサク揚がる。

まとまらず、ばらけてしまっても、あわてずに
箸で寄せるようにして、まとめます。
上から少し衣を落としておきます。
画像 5524.jpg


かたまりにせず、ふわふわっと揚げると良いですよ。
時には、油の中のかたまりに箸を刺して、隙間を開けるようにします。

画像 5527.jpg


スイートコーンが甘いので、塩で食べるのも美味しいです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。