ツヴィーゼル・クリスタルグラス社製品正規販売店 【リッチグラス】


金時草(きんじそう)と小エビのかき揚げ

加賀伝統野菜「金時草:きんじそう」
  参照http://szpg72.seesaa.net/article/132338245.html

小エビとかき揚げにします。
画像 1953.jpg


ここに小麦粉を少量入れて、さっと混ぜて、
小エビと金時草に満遍なくまぶします。

ここへ、衣を入れて、さくっとまぜ、
スプーンや、お玉で油に入れます。

パーッと油の表面に散りますので、
それを箸でまとめるようにして、丸くします。
パーッと散りすぎるのは、油の温度が高過ぎですが、
散らずに油の途中まで沈んで、浮き上がってくるのは、
油の温度が低い。
お好み焼きのように、衣が固まって、ぼってりしたかき揚げになります。
パッと散ることで、衣の中に空洞ができて、
それを寄せることで、立体構造になり
カラッと揚がります。
画像 1950.jpg


画像 1951.jpg


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。