ツヴィーゼル・クリスタルグラス社製品正規販売店 【リッチグラス】


ワラビのかき揚げ:蕨かき揚げレシピ

ワラビがたくさん出回り始めたら、かき揚げにしてみましょう。
すこし、粘りがあって、なかなか美味しいものですよ!

アク抜きしたワラビを使います。
 ⇒ワラビのアク抜き方法

画像 462.jpg


ワラビを長さ3〜4センチくらいに切り揃えます。
ワラビかき揚げの良いところは、根元のほうの
少々硬い部分でも、天ぷら(揚げ物)にすると
食べやすくなるということですね。
ですから、ワラビの上半分は、煮物とか、
和え物とかに使って、下半分を揚げ物に使うと
無駄なく使えます。
3〜4cmに切ることで、スジっぽいのも解消できます。

切り揃えたら、水分を良く切って(切り揃える前に水分を切る)
ボールに入れたら、小麦粉を振って、軽く混ぜておく。
画像 459.jpg


ここへ、少し薄めの衣を入れてさくっと混ぜ、
油に投入します。
一つのかき揚げを揚げるのに、箸で2〜3回に分けて、
最初に入れたタネにくっつけるようにして入れます。
上に乗せるのではなく、直ぐ側に入れて、固まる前に
くっつけ合うように丸く広げていきます。
上から衣だけ振り掛けるようにすると
上手くくっつけることが出来ます。
<br>
タグ: ワラビ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。