ツヴィーゼル・クリスタルグラス社製品正規販売店 【リッチグラス】


大葉:シソの葉、ユキノシタ天ぷらレシピ

ユキノシタなどの山菜の天ぷらや大葉(シソの葉)など
天ぷらにしてみましょう。
07042216.DSCF2012.JPGユキノシタ、(大)という字の

形の小さな白い花が咲きます。

少し大きな花の咲くダイモンジソウ

と言うものあります。


ユキノシタの天ぷらは、シソの葉のようにパリッとは揚がりません。衣はパリッとしますが、葉はパリッとしません。
まあ、これでいいと思います。

07041513.DSCF1969.JPG07041513.DSCF1970.JPG

大葉(シソの葉)、三つ葉、たらの芽、ふきのとう、ユキノシタ
コシアブラ、ヨモギ、アザミ、コゴミ、ワラビ・・・・など。
ワラビや三つ葉は結んでまとめたり、束ねます。
衣をつける方だけ、粉を付けます。
07041513.DSCF1971.JPG07041513.DSCF1972.JPG


衣をつけて揚げます。
もちろん、衣をつけた方を下にして揚げますね。
薄いものはそのままで揚がります。たらの芽やワラビなどは、
返しながら揚げます。

衣は薄く付けるのがいいですね。
油に入れて沈んでしまうのでは温度が低すぎます。
激しい音で表面ではじけるようでは高すぎです。衣を落として
すぐに上がってくる温度にしましょう。沈んで底についてはがれる
ように上がってくるのは、低いです。表面でパッと散るのは高いです。高すぎると緑色が飛んでしまうことがありますので注意。

天つゆもいいですが、塩が香りを楽しめるのでいいですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。