ツヴィーゼル・クリスタルグラス社製品正規販売店 【リッチグラス】


天ぷらレシピ、揚げ衣2

天ぷらの揚げ衣の作り方で、
天ぷらのサクサク、
カラッと揚がるかどうかが決まるといっても
過言ではありません。
「天ぷらレシピ、揚げ衣」で
分量を書いたのですが、細かく検証してみました。

カップ一杯の小麦粉:ふわっと入れたものと、
ぎゅっと抑えることはなくても、しっかり入ったものとでは、
実は随分違いがあります。
そこで、重さで計ってみました。

水(卵黄を溶いた水、水だけでも良い)200グラム
小麦粉195g〜200g

小麦粉200gはちょっと硬めですが、
衣を混ぜる時の注意点として、
サクッと混ぜるとあります。
サクッと混ぜるのであらばこれでOKです。

ただし、天ぷらのネタに小麦粉を薄くまぶしておきますよね。
その粉が衣の中に入ります。
また、揚げているうちに混ざってきますので、
そうなってくると硬くなります。

2g・3gというのは微妙だとお思いになるかもしれませんが、
200gの水で溶く衣では、結構影響がある2〜3gです。

これでお分かりかと思いますが、非常に微妙です。
硬さをみながら水を足したりします。

粘りが出てくれば、きれいに揚がらない。
大量に天ぷらをする時は、
面倒でも衣は何度かに分けて作るほうが良いです。



参照⇒  いろいろ使える「天つゆ」レシピ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。